ゴムボート・FRPボート・ポータボートのことなら...

|商品検索
ゴムボート・レンタル
ジョイクラフトMovie
アキレス・ゴムボートMovie
ゼファーボートMovie
釣りのためのゴムボート艤装
フローター特集!〜ゴムボート3社のフローターを比較…
|商品カテゴリー

インフレータブル/ゴムボート


ゴムボート…ジョイクラフト
 ◇ジョイクラフト/JOYCRAFT
 〜《ジョイクラフトの特徴
- 台数限定スペシャルセット
- フィッシングスペシャルセット
- スポーツボート
- 2馬力エンジンセット
- ローボート
- フローター
- オプショナルパーツ

ゴムボート…アキレスボート
 ◇アキレス/Achilles
 〜《アキレスボートの特徴
- 限定大特価品
- パワーボート
- 2馬力エンジンセット
- ローボート
- PVCボート
- フローター
- オプショナルパーツ

ゴムボート…ゼファーボート
 ◇ゼファーボート/zephyrboat
 〜《ゼファーボートの特徴
- パワーボート
- エレクトリックボート
- 2馬力エンジンセット
- ローボート
- カヤック
- フローター
- マルチフリーシステム 
- フィッシングギア
- カスタムギア 
- エアーパーツ
- オプショナルパーツ
- フローター用オプションパーツ


 ◇リバレイ/Rivally
- フローター


電動ポンプ/フットポンプ
 ◇電動ポンプ/フットポンプ

一体型・分割式ボート

FRPボート…ボートエース
 ◇ボートエース/BoatAce

折りたたみ式ボート

折りたたみ式ボート…ポータボート
 ◇ポータボート/PortaBote

コンパクトなボート

コンパクトなボート…フロートボート
 ◇フロートボート/FloatBoat

魚探・エレキ・2馬力船外機

魚探・エレキ・2馬力船外機
- 魚探
- エレキ
- 2馬力船外機

スモール ボート用品

スモールボート用品

雑誌・書籍

雑誌・書籍

|コンテンツ
スモールボートを知る!
スモールボートを選ぶポイント
〜免許なしで乗れるボートの安全ガイド
ゴムボート特集〜ゴムボートの魅力から選び方まで〜
ゴムボート特集
〜ゴムボートの魅力から選び方まで

釣りのためのゴムボート艤装
釣りのためのゴムボート艤装 ゴムボートAtoZ
ゴムボート(インフレータブルボート)特

集
アキレスボートの特徴
ジョイクラフトの特徴
ゼファーボートの特徴
インフォメーション
店舗紹介
アクセス
雑誌掲載

|おすすめ商品
2016年Newモデル ホンダ2馬力船外機BF2DH−SCHJ(トランサム S)
スズキ2馬力船外機DF2
トーハツ2馬力船外機MFS-2B・S(トランサム S)
マーキュリー2馬力船外機2.0M 2ストローク
2016年モデル ZE325W−T
2016年モデル La Pocheシリーズ
2015年モデル RL アルビナU 
RL フローターフィン
RL フィンセーバー
2016年GWセール期間限定 オレンジペコ320WSSセット(船外機スタンド付)
2016年GWセール期間限定 JEX−315SSセット(船外機スタンド付)
2016年GWセール期間限定 フリード300(カラーブラウン)SSセット(船外機スタンド付)
2016年GWセール期間限定 フリード300(カラー:レッド)SSセット(船外機スタンド付)
2016年GWセール台数限定 キャロット303SSセット(船外機スタンド付)
2016年GWセール台数限定 レッドキャップ265SSセット(船外機スタンド付)
2016年GWセール台数限定 KE275SSセット
2016年GWセール期間限定 KE−275S GWセット
2016年GWセール台数限定 TR265(底板仕様)GWセット
2016年GWセール期間限定 TR4−WK(板底仕様)ボートカバー付
PS−511CN−E(中〜東日本)
PS−511CN−W(西日本)
リガーマリン
センサー クランプ ライト
(HONDEX BP03)

マウントベースクリップMBC-JM/ジョイクラフト用
Zワンポイントロッドホルダー供塀跳拭
Z 背もたれエアーチェア
アルミチラーハンドル
スーパーバッテリー13A
ファクトリーゼロ
トランサムドーリー - F900A&F900D&F900J

Zアンカーベース
ジョイクラフト ランチングホイール ミニ
LW-6(1セット)

BMO フォールディングシート
リガーマリン センサークランプ ミニ・チルト
ミンコタ リップタイド
トランサムシリーズ


|売れ筋商品
チビラークGB
フィッシャーマンシート(グレーー/ホワイト)
簡単に取り付けられる
アンカー用ロープ 30m

ハイプレッシャーポンプ (BM−SP2000V)
BMOリムーバブルスイベルベース
BMOアルミチューブロッドホルダー自在式

|カート
カートの中を見る スモールボート.jp
ビーフレンズ/Be Friendsホームページ


魚探/魚群探知機
魚探の選び方なら...


2馬力船外機
2馬力船外機のことなら...


ゴムボートAtoZ
ゴムボートAtoZ


那珂湊マリーナHP
那珂湊マリーナ



トローリング&ボート用品のビーフレンズ
トローリング&ボート用品のBeFriends




|メーカーリンク

ゴムボート/アキレス
アキレス


ゴムボート/ジョイクラフト
ジョイクラフト


ゴムボート/ゼファーボート
ゼファーボート


ポータボート
ポータボート


フロートボート
フロートボート


RSS /  ATOM
スモールボートを選ぶポイント


〜スモールボート…それぞれのタイプの特徴…〜

■ ゴムボート ・ インフレータブル/膨張式

ゴムボート

 インフレータブルボートの特徴は、空気を抜けば非常にコンパクトになり、膨らませることによってしっかりとしたボートになるということ。大きなものでは30ftを超えるボートもあり、小型のインフレタブルボートは空気を抜いて折り畳めばクルマのトランクなどに積むことができる。
 レジャーだけでなく軍需やレスキュー艇、作業艇などのあらゆる用途において使用され、ボートの大きなひとつのカテゴリーとなっている。
 さらに、その携行性に加えて、「沈まない」というのも、このインフレータブルボートの信頼性を高めている大きな特徴のひとつ。ハルを形成するチューブがいくつかの気室に分かれていて、そのうちのいくつかの空気が抜けても航行できるだけの安全性も持っている。FRPなどのハードボトム(リジットボトム)を採用し、走行性を高めたモデルもある。
 いずれにしても、沈まないという安全性・静止安定性そして移動性や、コンパクトに収納できるという保管性などの高さが、このインフレータブルボートのメリット。

■ FRPボート ・ 一体型

FRPボート・一体型

 FRPボートは、加工性の良さと低コスト、しかも海水に対する耐久性の高さから現代の小型ボートの素材の主流となっている。たとえばオープンボートでもある程度自由にデザインできる。アルミボートに比べると、細部の曲線の処理、仕上がり面の美しさはなどで優れている。また各種の艤装品を取り付けたりする場合もFRPの方が有利。オプションを含めて、艤装品の豊富さも、FRP艇だから可能なのである。
 また、モールドによってある程度の量産が可能なため、木造艇やアルミ艇に比べコストダウンが容易に。当然ガラス触推などは積層していかなければいけないが、「艇一艇を職人が作り上げていかなければならない」木造艇やアルミ艇と異なり、作業を完全に分業できる。

■ FRPボート ・ 分割式

FRPボート・分割式

 分割式ボートは収納・運搬時に分割した船体を重ね合せることができるために、保管面積が少なくて済む。それは移動性を高めることでもある。
 ボートのタイプにもよるが、車高のあるワンボックスカーなら軽自動車にも積み込むことができ、分割方法は2分割、3分割、4分割といったように、ボートの大きさによってブロック化が可能。しかも分割することは大きさを分けることだけでなく、重量も分割できることにメリットがある。つまりひとりで運ぶことも容易になる。
 また分割したブロックを継ぎ合わせる接続部分の強度も十分。もちろんまったくなんの道具も必要もなく、ビギナーでも簡単に組み立てが可能になっている。

■ 折りたたみ式ボート

折りたたみ式ボート

 折りたたみ式ボートは、軽量・コンパクトで収納性と運搬性に富んでいる。ハルの素材もNASAが開発した高圧縮ポリプロピレンや超高密度ポリエチレンなどで軽く強度・耐久性のある素材が用いられている。
 折りたたみボートで気になるヒンジ部分の耐久性も、徹底した折りたたみテストをクリアーしているだけに、充分な強度を確保している。また浮力に関しても、浮力体や素材自体の比重の軽さなどによって浸水しても沈むことのない不沈構造である。
 この折りたたみボートの最大の特徴は、インフレータブルボート同様、ポータブル性だ。単に載んで移動できるということでマリン・アウトドアを十分楽しめる。素材コストや加工・制作行程がシンプルなので、非常に船体価格も安い、ローコストボートということも魅力的である。

■ その他のボート
リジッドテンダー プラスチモ - リジッドテンダーPRS245

フロートボート カーメイト - フロートボートZ1




〜あなたにぴったりのボートを探し出すためにチェックすること〜

■定員
ボートには、何人くらい乗る予定ですか?
これがボートを選ぶときの最初のチェックポイントです。
定員によってボートのサイズもある程度決まってきます。
しかし定員とはあくまでも安全上、搭乗することのできる最大の人数。
で実際に搭乗するのに"適正な"人数は、定員の約半分ほどです。
また釣りなどをする場合は、釣り道具を積むスペースも考えなければなりません。
余裕をみてボートの定員とサイズを決めましょう。

■重さ
スモールボートは毎回クルマに積み降ろしをしなければいけません。
さらに、それを水辺まで持ち運ばなければいけません。そのときにポイントになるのが重さです。
自分に体力に合った重さのボートを選びましょう。
1人で持ち運べない場合は、毎回2人以上で持ち運ぶことが必要になります。



免許なしで乗れるボートの安全ガイド

―――【準備編】
■船の長さは3m未満=艇体の長さ3.33m未満
■2馬力以下のエンジンって?
■法改正で免許・船査が不要に…
―――【パート1】
■ライフジャケットなしは自殺行為!
■携帯電話は必携
■泳いでいる人を傷つけてしまうことも
■風が強い時、波が高い時は、乗らない
■右小回り、左大回り
■エレクトリックモーターの酷使は避ける
―――【パート2】
■真正面から船が来た!あなたはどうする?
■斜め前方の船とぶつかりそう。あなたはどうする?
■できれば旗を立てよう
■夜はボートに乗らない!
■陸の常識は海でも常識
《マナー》車は必ず駐車場へ
《マナー》ゴミは必ず持って帰る