ゴムボート・FRPボート・ポータボートのことなら...

|商品検索
ゴムボート・レンタル
ジョイクラフトMovie
アキレス・ゴムボートMovie
ゼファーボートMovie
釣りのためのゴムボート艤装
フローター特集!〜ゴムボート3社のフローターを比較…
|商品カテゴリー

インフレータブル/ゴムボート


ゴムボート…ジョイクラフト
 ◇ジョイクラフト/JOYCRAFT
 〜《ジョイクラフトの特徴
- 台数限定スペシャルセット
- フィッシングスペシャルセット
- スポーツボート
- 2馬力エンジンセット
- ローボート
- フローター
- オプショナルパーツ

ゴムボート…アキレスボート
 ◇アキレス/Achilles
 〜《アキレスボートの特徴
- 限定大特価品
- パワーボート
- 2馬力エンジンセット
- ローボート
- PVCボート
- フローター
- オプショナルパーツ

ゴムボート…ゼファーボート
 ◇ゼファーボート/zephyrboat
 〜《ゼファーボートの特徴
- パワーボート
- エレクトリックボート
- 2馬力エンジンセット
- ローボート
- カヤック
- フローター
- マルチフリーシステム 
- フィッシングギア
- カスタムギア 
- エアーパーツ
- オプショナルパーツ
- フローター用オプションパーツ


 ◇リバレイ/Rivally
- フローター


電動ポンプ/フットポンプ
 ◇電動ポンプ/フットポンプ

一体型・分割式ボート

FRPボート…ボートエース
 ◇ボートエース/BoatAce

折りたたみ式ボート

折りたたみ式ボート…ポータボート
 ◇ポータボート/PortaBote

コンパクトなボート

コンパクトなボート…フロートボート
 ◇フロートボート/FloatBoat

魚探・エレキ・2馬力船外機

魚探・エレキ・2馬力船外機
- 魚探
- エレキ
- 2馬力船外機

スモール ボート用品

スモールボート用品

雑誌・書籍

雑誌・書籍

|コンテンツ
スモールボートを知る!
スモールボートを選ぶポイント
〜免許なしで乗れるボートの安全ガイド
ゴムボート特集〜ゴムボートの魅力から選び方まで〜
ゴムボート特集
〜ゴムボートの魅力から選び方まで

釣りのためのゴムボート艤装
釣りのためのゴムボート艤装 ゴムボートAtoZ
ゴムボート(インフレータブルボート)特

集
アキレスボートの特徴
ジョイクラフトの特徴
ゼファーボートの特徴
インフォメーション
店舗紹介
アクセス
雑誌掲載

|おすすめ商品
スズキ2馬力船外機DF2
トーハツ2馬力船外機MFS-2B・S(トランサム S)
 ZE325W−TS
La Pocheシリーズ
リガーマリン
センサー クランプ ライト

マウントベースクリップMBC-JM/ジョイクラフト用
Zワンポイントロッドホルダー供塀跳拭
Z 背もたれエアーチェア
アルミチラーハンドル
スーパーバッテリー13A
ファクトリーゼロ
トランサムドーリー - F900A&F900D&F900J

Zアンカーベース
ジョイクラフト ランチングホイール ミニ
LW-6(1セット)

BMO フォールディングシート
リガーマリン センサークランプ ミニ・チルト
ミンコタ リップタイド
トランサムシリーズ


|売れ筋商品
チビラークGB
BMO フィッシャーマンシート
簡単に取り付けられる
アンカー用ロープ 30m

ハイプレッシャーポンプ (BM−SP2000V)
BMOリムーバブルスイベルベース
BMO BMラバーベース

|カート
カートの中を見る スモールボート.jp
ビーフレンズ/Be Friendsホームページ


魚探/魚群探知機
魚探の選び方なら...


2馬力船外機
2馬力船外機のことなら...


ゴムボートAtoZ
ゴムボートAtoZ


那珂湊マリーナHP
那珂湊マリーナ



トローリング&ボート用品のビーフレンズ
トローリング&ボート用品のBeFriends




|メーカーリンク

ゴムボート/アキレス
アキレス


ゴムボート/ジョイクラフト
ジョイクラフト


ゴムボート/ゼファーボート
ゼファーボート


ポータボート
ポータボート


フロートボート
フロートボート


RSS /  ATOM
SMALL BOAT スモールボート

  [ 2012年 ・ シリーズ2 ] - p34-35

プロからのアドバイス

ビーフレンズ


家で準備をして出発し、

そして帰ってきてからの片付けまでの

トータルプロセスを考える


【写真】ボートフィッシングの黎明期から活躍を続ける小林千春さん。ビッグボートのトローリングから2馬カボートの釣りまで、なんでも経験ずみ。ビーフレンズは通販も利用できますが、やはり店内を見たいと、遠方から足を運ぶ人は多いそうです。確かにスモールポーター必見のお店です

 東京都江戸川区に店舗を構えるビーフレンズ。東京という場所柄、お客さんはアパートやマンション住まいの人が多いということです。そんな都市型のスモールボート購入術を、ボートフィッシングのパイオニアでもある店主の小林千春さんに教えてもらいましょう

SB:どんなボートが一番売れますか?

小林:うちは東京に店を構えているので、アパートやマンション住まいのお客さんが多いんです。従って、自宅での保管という点で、インフレータブルボートを求める人が多いですね。

SB:船外機はどうですか?

小林:やっぱり2馬力船外機が多いですね。

SB:店内に分割式ボートも置いてありますが……

小林:一軒家に住んでいて、カートップできない人が購入しますね。アパートやマンション住まいの人は、やはり分割式は無理なのかも、という感じですね。

SB:ボート本体、船外機と、同時に購入するものはなんですか?

小林:自宅で船外機を保管するためのエンジンスタンド、それにアンカーとロープです。あとはロッドホルダーですかね。今年は安くていいのが入ってますよ。

SB:イスはどうですか?

小林:数回出艇してから購入する人が多いです。背もたれ付きのイスがあるかないかで、腰の疲労がまったく違いますから。スモールボートは沖から帰ってきてから片付けが必ずあるでしょ、そのための余力を残しておかないと、誰も片付けてくれませんから。

SB:なるほど帰りのことも考えておくことが重要なんですね。

小林:行きはいいですよ。気力体力も十分だし、ウキウキしてるから、準備なんて苦にならない。でも1日スモールボートに揺られて戻ってきて、ボートを片付け、家までの道のりを運転する。家に帰っても車に載せっぱなしというわけにはいかないだろうから、帰宅後の片付けもあるわけです。スモールボートを選ぶときは、そこまで考えておいたほうがいいですね。

SB:ライフジャケットはどうですか?

小林:もともと釣りをされてる方が多いので、購入は半数くらいですかね。ただボート釣りには、安全性を考えても、国交省認定のライジャケを着用したほうがいいでしょう。

SB:魚探はどうでしょう?

小林:もはやボート釣りには欠かせないですね。やみくもに釣りをするよりも、海底の様子や水深を知って釣りをするのでは、だいぶ違いますから。

SB:人気の魚探はありますか?

小林:2馬力のインフレータブルボートは、圧倒的にホンデックスのちょいナビ(PS-501CN)を購入します。やはり大きさと乾電池駆動という点がうけています。

SB:ボート選びで気をつけることは?

小林:2人で乗ることが多いけど、1人でも乗ることがあるというお客さんが多いのですが、この「1人でも」という条件が入ったときは、必ず重量が30キロクラスの軽量小型モデルをすすめます。カタログだけで重量をイメージするとやはり危険です。重量45キロだからって、奥さんを一瞬持ち上げるのとはわけが違うから(笑)。

SB:大きめのサイズを求める人が多いのですか?

小林:少しでも大きくて安全性の高いボートを、と考えて来られるお客さんは多いです。でも何年もこの商売をやっていて、失敗例も数多く聞いていますから、むやみに大きいボートはすすめられません。とくに初心者には。最近はネットで購入して、失敗する人が多いです。失敗して初めて店頭に来て買い直しておられる。カタログやパソコンの画面で見て想像したのと実物のギャップに驚く初心者が増えています。

SB:軽量な2馬力専用艇のメリットは大きいと?

小林:確かに上級グレードはボートの作りもいいですけど、当然のことですが重いです。サイズ的に免許不要になるとはいえ、上級グレードの全長3.3メートルは9.9馬力や15馬力の船外機が搭載できるようになっているわけです。単に例えるなら、大型セダンに軽自動車のエンジン積んで走るようなものです。2馬力船外機での使用なら、やはり2馬力専用艇がいいと思います。

SB:お店にくれば、膨らませてあるボートも持つことができますね。

小林:そうですね。重量40キロ以上を考えていた人に、この30キロのボートを実際に持ってもらうと、「うっ!」とくるわけです。想像していたより重かったと。でも2馬力船外機は重くても17.5キロですから、意外と軽いなあと思うわけです。インフレータブルボートや船外機を、店で実物を見て、持って、触って、体験したほうがいいですね。



【写真】都心にありながら、膨らませてあるインフレータブルボート2艇に分割式ボート、ミニボート、合計4艇が店内に展示されています。売り場は1階と2階の2フロアです。


【写真】「この新製品のロッドホルダーが安いのでおすすめです」と、2012年に取り扱いを開始したロッドホルダーをはじめとする艤装パーツの数々を見せてもらいました。インフレータブルボートの各種サオ掛けに装着可能だそうです
「スモールボートは、大は小をかねませんよ(笑)」



【写真】「後片付けのための体力温存にはイスは必需品でしょうjというわけで、ボート購入後に改めて買いにくる人が多いということです。こちらも2012年からリーズナブルなモデルが入荷したそうです


【写真】年配の方は軽さのホンダという人が多いということですが、若い人なら多少の重量増は気にならないので、トーハツなどを薦めるそうです。