ゴムボート・FRPボート・ポータボートのことなら...

|商品検索
ゴムボート・レンタル
ジョイクラフトMovie
アキレス・ゴムボートMovie
ゼファーボートMovie
釣りのためのゴムボート艤装
フローター特集!〜ゴムボート3社のフローターを比較…
|商品カテゴリー

インフレータブル/ゴムボート


ゴムボート…ジョイクラフト
 ◇ジョイクラフト/JOYCRAFT
 〜《ジョイクラフトの特徴
- 台数限定スペシャルセット
- フィッシングスペシャルセット
- スポーツボート
- 2馬力エンジンセット
- ローボート
- フローター
- オプショナルパーツ

ゴムボート…アキレスボート
 ◇アキレス/Achilles
 〜《アキレスボートの特徴
- 限定大特価品
- パワーボート
- 2馬力エンジンセット
- ローボート
- PVCボート
- フローター
- オプショナルパーツ

ゴムボート…ゼファーボート
 ◇ゼファーボート/zephyrboat
 〜《ゼファーボートの特徴
- パワーボート
- エレクトリックボート
- 2馬力エンジンセット
- ローボート
- カヤック
- フローター
- マルチフリーシステム 
- フィッシングギア
- カスタムギア 
- エアーパーツ
- オプショナルパーツ
- フローター用オプションパーツ


 ◇リバレイ/Rivally
- フローター


電動ポンプ/フットポンプ
 ◇電動ポンプ/フットポンプ

一体型・分割式ボート

FRPボート…ボートエース
 ◇ボートエース/BoatAce

折りたたみ式ボート

折りたたみ式ボート…ポータボート
 ◇ポータボート/PortaBote

コンパクトなボート

コンパクトなボート…フロートボート
 ◇フロートボート/FloatBoat

魚探・エレキ・2馬力船外機

魚探・エレキ・2馬力船外機
- 魚探
- エレキ
- 2馬力船外機

スモール ボート用品

スモールボート用品

雑誌・書籍

雑誌・書籍

|コンテンツ
スモールボートを知る!
スモールボートを選ぶポイント
〜免許なしで乗れるボートの安全ガイド
ゴムボート特集〜ゴムボートの魅力から選び方まで〜
ゴムボート特集
〜ゴムボートの魅力から選び方まで

釣りのためのゴムボート艤装
釣りのためのゴムボート艤装 ゴムボートAtoZ
ゴムボート(インフレータブルボート)特

集
アキレスボートの特徴
ジョイクラフトの特徴
ゼファーボートの特徴
インフォメーション
店舗紹介
アクセス
雑誌掲載

|おすすめ商品
スズキ2馬力船外機DF2
トーハツ2馬力船外機MFS-2B・S(トランサム S)
 ZE325W−TS
La Pocheシリーズ
リガーマリン
センサー クランプ ライト

マウントベースクリップMBC-JM/ジョイクラフト用
Zワンポイントロッドホルダー供塀跳拭
Z 背もたれエアーチェア
アルミチラーハンドル
スーパーバッテリー13A
ファクトリーゼロ
トランサムドーリー - F900A&F900D&F900J

Zアンカーベース
ジョイクラフト ランチングホイール ミニ
LW-6(1セット)

BMO フォールディングシート
リガーマリン センサークランプ ミニ・チルト
ミンコタ リップタイド
トランサムシリーズ


|売れ筋商品
チビラークGB
BMO フィッシャーマンシート
簡単に取り付けられる
アンカー用ロープ 30m

ハイプレッシャーポンプ (BM−SP2000V)
BMOリムーバブルスイベルベース
BMO BMラバーベース

|カート
カートの中を見る スモールボート.jp
ビーフレンズ/Be Friendsホームページ


魚探/魚群探知機
魚探の選び方なら...


2馬力船外機
2馬力船外機のことなら...


ゴムボートAtoZ
ゴムボートAtoZ


那珂湊マリーナHP
那珂湊マリーナ



トローリング&ボート用品のビーフレンズ
トローリング&ボート用品のBeFriends




|メーカーリンク

ゴムボート/アキレス
アキレス


ゴムボート/ジョイクラフト
ジョイクラフト


ゴムボート/ゼファーボート
ゼファーボート


ポータボート
ポータボート


フロートボート
フロートボート


RSS /  ATOM
SMALL BOAT スモールボート

  [ 2010年 ・ シリーズ1 ] - p.74-75


小型ボート&関連用品ショップ訪問

初めて2馬力ボート購入を検討している人にも


親身になってアドバイス

「ビーフレンズ/Be Friends」

(東京・江戸川区)


これまで本誌でも何度か紹介したボート釣り用品の豊富な品揃えで知られるマリンショップ、ビーフレンズ。

本誌巻頭の2馬力ボート特集に興味をもった初心者にとって雑誌では学べない、 個人個人の状況に合わせた小型ボート遊びとは。

経験豊かなビーフレンズ代表の小林千春さんにうかがった。

【写真】「雑誌の誌面ではいい天気で、風も波もなく楽しそうにボートフィッシングをしている写真が 載ってますからね。 そのイメージで来る初心者の方に、言い過ぎて恐がってしまわない程度に アドバイスするのが私どもプロの仕事だと自負しております」と小林さん

  小林さんと面と向かうとその人なつっこい目が優しそうに、にやりと笑った。 胸に、ネームカードがあり、名前の横に大きく「ボス」と書いてある。

「初心者の方は、たいていどこかの雑誌やハウツー本などを読んでから来たりしますよね。 つまり、経験を積んでいるわけでぱないのに経験を積んだイメージが頭の中に先に入っているんです」

と小林さん。
 いやはや、どこかの雑誌って本誌や姉妹誌の『ボート倶楽部』のことも言ってくれてるんだな。
 雑誌では小型ボートでのフィッシングの達人たちを取材して、彼らのレベルでの釣りの楽しみ方とかハウツーを誌面上で紹介する。 さらには達人たちに自ら記事を書いてもらい、それを記事にする。



【写真】いつも笑顔でお客を迎えるショップのスタッフ。左から加藤隆之さん、鈴木敦子さん、そして小林さん

「だからそういった記事を読んで、ある程度経験のある人のイメージを、自分の頭の中に描いてしまっているんですね。 そうではなく、そのイメージは小さなボートを購入して、実際に海や川に出て、 何度も失敗して経験を積んだ人かたどり着けるイメージであって、指南書を読んだだけでイメージするのとは違うんですね」

 確かにそうだ。例えばの話、オリンピック選手の技を記事で読んでも、 それは相当な訓練と経験があっての技術であって、いきなり初心者がそのレベルヘ行けるはずはない。

「だから、一歩ではなく、半歩から始めることをおすすめします」

 乗り合いの釣り船で遊んでいる人は釣りだけに専念できる。 船自体のことや、ポイントヘの行き帰りの海の気象・海象のことは船頭にまかせておけばいい。

ところがマイボートでのフィッシングはそうはいかない。

釣りという遊びに、ボートの維持管理と安全確保という重荷がプラスされるのだ。 時化たらキャビンの中に入っていればいいような大型漁船や大型ボートではなく、 小さなボートで雨風にさらされる。雑誌に載っているような凪の穏やかな海ばかりでもない。

 初心者はそれぞれの身の丈に合ったボートフィッシングの楽しみ方がある。 大自然に対して謙虚で、行動範囲が狭くてもそれなりな楽しみ方がある。それを少しずつ学んでいきましょう、ということだ。


【写真】ショップ内は隅から隅まで1階も2階もびっしりボート&釣り用品が並んでいる

ボートフィッシングの達人

 新潟出身の小林さんは、子供の頃からお父さんの自転車に乗せられて、釣り遊びをして育った。 関東の大学を卒業すると釣り具メーカー「シマノ」の東京営業所に4年間勤務した。 その後釣具店「コジマ」で22年間勤め、2002年に「ビーフレンズ」を創業して7年が経過した。まさに釣り人生だ。

 しかも、コジマ時代にボート釣り部門を立ち上げて、釣りだけでなくボートに関する知識と経験を積み上げていった。 ルアーフィッシングを普及したパイオニアの一人であり、 エレキモーター(電動船外機)をボートフィッシングにいち早く取り入れたのも小林さんだった。 エレキモーターを普及するためにレンタルボート、レンタルエレキモーター、果てはバッテリーだけのレンタルも扱ってエレキの便利さをアピールした。

 従って、ビーフレンズでは小型ボートも販売している。 インフレーダブルの主要メーカーボートはもちろんのこと、ボートエースやポータボートも取り扱っている。 ホームページではエンジン等も含めたオススメセットも並んでいる。 ずばり今年のオススメは?と聞いてみたが、まだ(取材時点)各メーカーの新艇が出揃っていないので発表できないとのこと。 本誌が発行されるころにはホームページに掲載されていることだろう。


【写真】江戸川区の荒川沿いにあるビーフレンズの店構え

 「手漕ぎボートまでは釣具屋でも対応ができますが、それにエンジンが付くとなると私どもの店が対応するようになるんです」

 そんな大ベテランがアドバイスするのだから心強い。 もちろん、ベテランのボートフィッシャーマンたちもふらりと立ち寄って、ボスのアドバイスを受ける。

釣り具は小型ボートから大型のビッグゲーム用まで、びっしり品揃えしてある。 ボート本体も二階の売場に並んでおり、ここで無ければ他へ行っても探すのは困難といわれるほどの在庫量だ。


 「最初はベテランかどうかも分かりませんよね」と聞くと、

 「気力、体力、年齢。それにボートをどこに置いてあるか、あるいはどのようなクルマに積んで遊んでいるか。
あとは海に出た経験がどの程度かを聞けば、だいたい分かりますね。一人で楽しんでるのか、二人か。 その上でご予算がどの程度か。というところでその方に合ったアドバイスをします」

 一人一人、経験も年齢も、それこそ性格も違うのだからボートフィッシングの楽しみ方も千差万別。 その人の身の丈に合ったアドバイスと、それに対応する用品が揃うビーフレンズは初心者にとって、安心して相談に行けるショップなのだ。